生活出来ない

妊娠が分かり、予定より早く入籍する事になりました。当時は私も働いていて、正社員として雇用され1ヶ月も経っておらず、もちろん実績もなく給料も高卒並みでしたが、旦那さんも仕事しているし、半年結婚が早くなっただけだから、結婚資金も半分は貯めているしと甘く考えていました。しかしながら旦那さんの給料を聞いた事がなく、結婚したし、赤ちゃんも生まれてくるので、生活費の遣り繰りはどちらがするかという事から旦那さんの給料を知る事となりました。単純計算したら、旦那さんの年収は低い、しかも私より少ない事を知り、私は自分の給料を旦那さんより少な目に答えました。これでは生活がギリギリだね、バイトでもしてよ。と旦那が私に言ったのです。妊婦だよ。と返すと、俺より給料少ないしと言われたのが忘れられません。

会社のパートさんが、本当は専業主婦したいのにな。とぼやいていて、少し体動かして家庭に閉じこもるより良いんじゃないですか?お小遣いにもなりますし。と言うと、旦那が働いても使っちゃったり、怪我をしたり、まともに生活費の計算が出来ないのよ。と言っていました。知らないとはいえ、軽率な発言にスミマセンと言いました。すると、まともに働けてた時も旦那さんの年収が少ない事を知り、夫婦ですし、子供さんも居ますから、ムリしない程度に頑張りましょう。と声をかけましたが、流石にその年収では、パートに出るしかないかと、心の中で言ってしまいました。しかし、年収をあげるにも転職しても旦那さんがどの様な方かまでは知らないので、仕事を辞めさせられない現状維持で良いのではと提案しました。あとは、無駄遣いさせないよう旦那さんにカード類を持たせないようにする事を勧めました。