洗うだけで本当に足の臭いが消えるの?!

足の臭いを簡単に消す方法教えます!
冬場、1日履いたブーツを脱いだとき、むわっと嫌な臭いがするのがずっと気になっていました。ブーツを脱ぐ予定がある日は、「臭いがバレたらどうしよう」と憂うつでした。でも、ある時とうとう飲み会の席で、「誰か足臭くない?!」と言われてしまい…。その時はそのまま笑い話で流れたのですが、内心とてもショックでした。そこで、なんとか対策をしなければ!と思い、1日3回ストッキングや靴下を履きかえたり、お手洗いの度に足用シートで拭いたりしました。けれど、満足のいく効果は得られませんでした。足の臭い専門クリームも使用してみましたが、クリームの臭いと足の臭いが混ざってしまい、より悪臭になってしまいました。途方にくれていたときに、足専用の石けんを見つけました。スクラブ入りで、足の裏の角質を優しく落としてくれるので、雑菌の繁殖が抑えることができます。この石けんを使ってから、臭いが気にならなくなりました!

足の臭いは、足裏の汗と雑菌が混ざり合ってしまうのが原因だと聞きました。その雑菌は足の角質をエサにしているので、角質がお手入れされていない足裏には雑菌がたくさんいます。足裏は汗をかきやすい場所でもあるので、結果として悪臭がしてしまうのです。特に、臭いの原因なのが「イソ吉草酸」です。これは脂肪酸の一種ですが、足の裏を洗ったくらいでは落とせないほど強力なんです。これが汗と雑菌により発生し、足裏と靴の両方についてしまうので、足をどんなに洗っても臭いが取れないのです。足用のデオドラントスプレーや足の臭い専門クリームでは、この「イソ吉草酸」を落とすことはできません。自分自身もそうでしたが、これらのアイテムではあまり効果を得られませんでした。足専用の石けんは、スクラブが入っていて不要な角質ごとイソ吉草酸を削り落としてくれます。なので、足の臭いに効果があったのだと思います!