もっと早くに知りたかった

私が脚の毛が濃いことを意識しだしたのは高校の頃からで、体育の時間に同級生から「脚の毛が濃いな」と言われたことがきっかけです。それ以来、毛が濃いことが恥ずかしくなり、海水浴やプールにも全く行かず、短パンも一着も持っていません。世間ではすね毛の濃い人もいますが、私の場合、ひざから下はもちろんのこと、太もも全体に長くて太い毛がびっしり生えているので、自分でも見て気持ちが悪くなります。太ももの裏側の毛などは、すわったりするためカールを巻いたようになっています。腕の毛や顔のひげは濃くないのになぜ脚だけこんなに濃いのか悩んで一度、脱毛サロンで永久脱毛を考えましたが、これだけの量の毛を脱毛をするのに掛かる費用と時間を考えて諦め、ネットで調べた脱毛クリームと抑毛ローションを購入して太ももを重点的に脱毛と抑毛を繰り返し、今では太ももの内側はほとんど目立たなくなってきています。

学生時代に友人から、脱色すれば欧米人の様に目立たなくなるかもと言われ、薬局で脱色クリームを購入し脱色したことが有ります。、使った結果、確かに黒々としていた毛が薄茶色に脱色されましたが、常に長ズボンを履いていた足は真っ白でその上に薄茶色の毛が密集している状態であったため、さらに見た目が気持ち悪い脚になってしまいすぐに止めました。毛深いのは遺伝的な問題が大きいと思いますが、今は脱毛クリームや抑毛ローションのように自宅で気軽に処置できるので、私は自分の体のメンテナンスの一部を思い脱毛に取り組んでいます。できればもっと早くに、脱毛クリームや抑毛ローションのことを知っていたらとは思いますが、近い将来、人目を気にせず、海やプールに行けるようになる事を期待しています。